まちある記

編集部ブログ

ふと見慣れていたはずの景色に違和感を覚え、あったはずの店や建物がなくなっていることに気が付く。そんな経験はないだろうか。 「何か」はあった。でも、何があっただろうか。どんな店舗か思い出せないのは、興味がなかったからだろう…

情報の受け手として考える

編集部ブログ

「安倍元首相撃たれ死亡」。9日付の朝刊では、各紙とも全く同じ見出しで安倍晋三元首相の死亡を報じました。「ただえたいの知れない空気がじわじわ身体中にまとわりつくような、不快な思いが拭えない」。日本経済新聞のコラムからの引用…

「Z」を巡る物語

編集部ブログ

私は2000年生まれ。自分の年齢が分からなくても――よく忘れますが――今が西暦何年か思い出しさえすれば大丈夫。22年なら「22歳になる年だ!」と分かるのがちょっとした自慢です。 世代でいえば「Z世代」に当たります。Z世代…

マスクが守ってくれたのは、

編集部ブログ

マスクをはずすのが怖かった。コロナ禍のことではなく、2018年の私の話です。当時、人の視線をさえぎるために「マスクを着ける」という手段を取っていました。 受験生だった私にとって、マスクはお守りでした。着けていなければ、人…

新聞を読めないひとへ

編集部ブログ

就活のために新聞を読み始めるひと、多そう。 時事問題に触れるために、就活の傾向と対策を練るために。え、でもそれって、結局は新聞の情報を信用してるってことじゃん、それなら毎日読めばいいのに……とつっこみたくなる方もいらっし…

デジタル教材 活用の手がかりは?

編集部ブログ

高校生のころ、毎日古語と英和の紙の辞書を持ち歩いていました。とにもかくにも、重いのなんの! 「置き勉」が嫌いだったため、必要な教科書をすべて詰め込んだリュックサックはあふれんばかり。20分ほどかけて歩いた駅から学校までの…