まず初めに解党の決断を

編集部ブログ

 2009年夏、当時の自民党政権への批判から民主・社民・国民新党(当時)による連立内閣が発足し、政権交代が起きました。「無駄撲滅」や「天下り根絶」「普天間基地の辺野古移設撤回」など耳に心地いいマニフェストを並べ、国民の期…

揺らぐ支持率と揺れる世界

編集部ブログ

 1日にもとりあげた〈「適材適所」以外ありえない〉内閣改造が本日、公表されました。最近何かと世間を騒がせていた防衛相と文科相は一新され、防衛相には「敵基地反撃能力」の保有を進める小野寺五典氏が、文科相には第二次三次安倍内…

「適材適所」以外ありえない

編集部ブログ

 「大将、人を能く目利して、其奉公人得物を見知て、諸役をおおせつけらるる事。」戦国武将の武田信玄が、家臣団を統率するために定めた原則の一つです。信玄は、家臣を適材適所に配置することで、組織をまとめ、能力を最大限発揮させて…

目的と手段が入れ替わっていないか

編集部ブログ

 都民ファーストの圧勝に終わった東京都議選からおよそ1か月。小池百合子知事に近い若狭勝衆院議員は30日、テレビ朝日の番組で、新党結成に向けて準備を加速させる意向を明らかにしました。年内に衆議院の解散がある場合に備え、準備…

二大政党制を再び目指して

編集部ブログ

 今月28日、民進党の蓮舫代表が代表を辞任することを表明しました。その理由について「人事ではなくて、私自身をもう一度見つめ直さなくてはいけないと思った」と語っています。  一方、与党自民党も、南スーダンの国連平和維持活動…

ゴールが見えない加計学園問題

編集部ブログ

 加計学園問題などが焦点となった2日間の閉会中審査が終わりました。安倍総理は「国民から疑念の目を向けられるのはもっともだ」と答えました。国会で自分の言葉で説明をする。その謙虚な姿勢は評価しますが、知りたかったのはただ一点…

加計問題は何を示したか?

編集部ブログ

 連日報道され、小池旋風の一因にもなった加計学園問題。朝日新聞では、今日の朝刊も『「加計」問題 晴れぬ疑惑』と題された特集が組まれていました。追及点は、「京産大の脱落など加計学園ありきだったのではないか?」「政権の説明責…

歴史は繰り返す

編集部ブログ

 この一年、政治や社会に大きな変化をもたらす出来事が頻発しています。その目まぐるしい変化の行き着く先を予見するために過去を振り返る企画が、様々なメディアで増えています。最近のトランプ大統領とロシアの関係を疑問視する「ロシ…