後を絶たない幼い犠牲

編集部ブログ

「育児放棄 ネグレクト 真菜ちゃんはなぜ死んだか」(小学館)という本を読んだことがあります。この著書では、3歳の女の子、真菜ちゃんが餓死するに至るまでの経緯と原因を両親が育ってきた環境や周囲との人間関係から丁寧に描き出し…

子ども食堂、求める大学生

編集部ブログ

 7月16日、自宅近くの子ども食堂に行ってきました。11時開始に間に合うように、ボランティアの方々は9時から調理を始めていました。この日が初めてだったこともあり、「どれだけの人が来てくれるのか」と代表の女性は不安を口にし…

テレビの可能性

編集部ブログ

 「日本のテレビってニュース番組全然やってないよね。なんで?」先月、友人の台湾人学生に聞かれたとき、答えに窮してしまいました。聞くと、台湾では専門チャンネルがあり、常にニュースを見ることができるそうです。  一方で、あら…

被害者取材 記者の役割は

編集部ブログ

 九州北部の豪雨災害発生から1週間が経ちました。これまで29名の方が亡くなり、今も20名以上の安否がわかっていません。読売新聞朝刊の39面には、祖母と母の捜索の様子を見守る坂本貴志さんの写真が載っています。憔悴しきった顔…

SDGs知っていますか?

編集部ブログ

 「みなさん、SDGsを知っていますか?」。気候変動を勉強する大学の授業の一こまです。外務省参与としても働いている先生が、学生に質問しました。残念ながら数人しか手が挙がりません。そこで先生が説明に使ったのはタレントのピコ…

働き方改革のはざまで

編集部ブログ

 夏、突入。高校野球の各地方大会が始まるなど、熱さが暑さを超える時期になってきました。空手を教えている子どもたちも、1か月後に全国大会を控えています。彼らにはこれから厳しい稽古が待っているでしょう。そして、先生である私自…

小さな侵略者ヒアリ

編集部ブログ

幼いころ、公園で遊ぶ際にはアリは身近な存在でした。砂遊びをする際には必ずと言っていいほどアリが這い登ってきていましたし、時々捕まえもしました。 子供たちが安心して外で遊ぶことができる環境が危うくなりかねません。 大阪港で…

発想の転換を被災地で

編集部ブログ

 「人が帰ってこない。」福島県の沿岸地域で頻繁に聞こえてくる声です。  福島第一原発事故により、住民は他所への避難を強いられました。避難指示が解除されたからといって住民が戻ってくるわけでもなく、一部区域を除き、避難解除か…

アイデンティティーと向き合うこと

編集部ブログ

 私は女性です。  突然何を言ってるんだ、と思いましたか。なにも、単純に性別のことだけを言っているのではありません。私の個性のひとつとして、私は生物学的にも、おそらく精神医学的にも女性だと言いたいのです。  難しい言い回…