バケモノの正体は

編集部ブログ

読売新聞に「発言小町」という人気コーナーがあります。インターネット上の掲示板に寄せられた話題から、盛り上がったトピックや面白かったテーマを紹介しています。6日の朝刊では、「結婚した友人と疎遠になってしまい寂しい」という女…

外に広げて、共感の輪

編集部ブログ

存在感が徐々に増しているクラウドファンディング。インターネットを介して、挑戦している事業、実現したい目標を発信し、それに共感した人が資金を提供する仕組みです。いくつもある関連サイトでは、コロナウイルスの支援プロジェクトが…

SNSでの誹謗中傷は「諸刃の剣」

編集部ブログ

自分が想像している以上に、人間は脆いのかもしれない。何気ない一言に心が傷つき、最悪では死に至ることもある。「言葉は刃物だ」と言われたことがあるが、まさにその通りだ。 5月23日、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった。…

予防は続くよ、どこまでも

編集部ブログ

緊急事態宣言の全面解除によって、少しずつ元の生活が戻りつつあります。しかし今までと同じという訳にはいきません。引き続き三密を意識する日々は続きそうです。コロナウイルスの影響を大きく受けた宗教の世界も例外ではありません。筆…

死刑制度、難しいけれど

編集部ブログ

「どうせ死刑だから」 京都アニメーション放火殺人事件では、36人もの方が亡くなりました。これは、殺人などの疑いで27日に逮捕された青葉真司容疑者が、リハビリ中に投げやりな態度で漏らした言葉です。治療にあたっていた医師は、…

スティグマ、ダメ、ゼッタイ

編集部ブログ

「スティグマ」という言葉がある。特定の事象や属性を持った個人や集団に対する、間違った認識や根拠のない偏見、つまり、汚名や烙印といった意味である。 日本の近現代史を振り返ると、スティグマは非常事態に現れている。 例えば、関…