「エロ本」が教えてくれたもの

編集部ブログ

朝刊を読んでいると雑誌や本の広告をよく見かける。新聞によって掲載されているものは異なる。日本経済新聞は金融や株に関する書籍が多い。読売新聞では保守系の論壇誌をよく見かける。地方紙を読めば郷土史の広告も見かける。それらを読…

8月ジャーナリズムと戦後世代

編集部ブログ

9月を迎えました。振り返ってみると、8月は広島・長崎の「原爆の日」や「終戦の日」など歴史的な日が多いためか、紙面には戦争に関する記事が溢れていました。いわゆる「8月ジャーナリズム」です。 戦争に関する日は、東京大空襲が起…

食品ロスは家計の救世主?

編集部ブログ

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられる食品のことです。3年前の統計によると、日本では年間643万トンにのぼりました。 昨日の読売新聞朝刊には、そんな訳ありの食べものを減らす取り組みが紹介されていました。東京・代官…

韓国の何を見るか

編集部ブログ

「韓国の国益に合わない」 22日、韓国政府は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した。韓国の経済紙記者である筆者の友人が「予想していなかった事態。私は国会担当だが、とても驚いた」と言うのだから、韓国国内…

被害と加害に向き合う

編集部ブログ

  8月も残り1週間となりました。皆さん、今夏はどんな思い出が出来ましたか。 花火大会、帰省、キャンプ、海水浴。他の季節と比べワクワクする行事が続いているように思えます。しかしその一方で日本人として迎えなくては…